一般経理の仕事から、美容部員への転職をした知人の話です。まずは、自分磨きから始めたそうです。

転職して美容部員になるためのノウハウ
転職して美容部員になるためのノウハウ

美容部員への転職は自分磨きから

転職して美容部員になるためのノウハウ
私の知人の話になりますが、彼女は10年以上一般経理の仕事をしていたのですが、ある知人の紹介で半ば本人の希望とは真逆の方向の、美容部員に転職をすることになりました。彼女は、当時メイクはもちろん、洋服などにもあまり興味がなく、「美容部員への転職なんて」と本人も言っていたくらいでした。なのに、美容部員に転職したのは一体なぜ?という疑問が出てきますが、それは置いといて。。。

彼女は、その転職が決まってから、仕事への妥協を許さないタイプだったため、必死に商品知識やメイク術など、その化粧品ブランドや他のブランドの事も含めて基本的なことから勉強をしていました。その時彼女は一言言ったのです。「この仕事は、仕事を覚える以前に自分磨きが必要だ」と。最初はその言葉の意味が私には分からなかったのですが、後々分かりました。彼女が言いたかったのは、「まずは、自分が輝いていないと、お客様に商品を勧める事は出来ないし、お客様は勧めている自分を見て商品を購入する」からだと言う事だったのです。確かにそうだと思いました。化粧品を購入すると言うのは、結構高額な買い物にもなりますし、自分に本当に合っているかも分からないし、勧める側が自信を持って勧めていなければ不安が残り、結局は買わずじまいになってしまうでしょう。また、スタッフがきらきらと輝いていたら、「こんな風にきれいになれるんだ!」と思うのも事実です。

私の知人は、仕事に妥協はしない人。その性格から、あんなに拒んだ美容部員の仕事も、一旦始めればきっちりこなして、自分を通してお客様に納得して、商品を購入してもらうと言うスタンスで、売り上げもかなり伸ばしてコーナーでもトップクラスまで上り詰めたそうです。そんな彼女が言った、「メイク術や商品知識を学ぶ事よりも、まずは自分磨きから」といっていた言葉には、すごく重みを感じました。これから、美容部員への転職を考えている方は、商品の知識や最新のメイク術、接客技術を学ぶ事はもちろん大切な事ですが、一番は自分磨きからだと私も思います。

Copyright (C)2018転職して美容部員になるためのノウハウ.All rights reserved.