美容部員に憧れながらも、実際に美容部員への転職に挑戦しなかった、自分の気持ちについて書きました。

転職して美容部員になるためのノウハウ
転職して美容部員になるためのノウハウ

美容部員に転職したい

転職して美容部員になるためのノウハウ
化粧品が大好きな私は、美容部員にずっと憧れていました。なのになぜか、全く畑違いの仕事しかしたことがありません。今まで何度か転職の機会があり、新しい仕事を探す度に、美容部員の仕事も頭の片隅にはありました。自分でも、なんで挑戦しないんだろうと思いますが、何となく縁がなかったのでしょうか。

明るいライトの下で、きれいにメイクを施し、ニッコリと佇んでいる美容部員さん達を見る度に、一度あの仕事をしてみたいなあ、と今でも思います。残念ながら、今の年齢で実務経験も無いとなると、応募しても無理ですが。それでもやはり、特に自分の好きな化粧品メーカーの美容部員さんを見ると、羨ましいと思ってしまいます。化粧品を買いに行って、応対して下さった美容部員さんが綺麗な方だったりすると、自分もこの化粧品を使ったら、こんな風になれるかも、と夢を抱かせてくれるのも、美容部員の仕事のひとつだと思います。実際にお仕事をされてる方から聞いた話ですが、常にお肌の手入れを怠ることが出来ないので、なかなか大変な面もあるそうです。確かに、基礎化粧品を買う時は、そのメーカーの美容部員さんのお肌を、一つの目安にされている方も多いと思います。メーカーの顔でもある訳ですね。また、お客様にスキンケアのアドバイスをしたり、似合うメイクで魅力アップのお手伝いをしてあげたり、人を喜ばせるお仕事なので、やり甲斐もありそうです。もっと若い時に美容部員への転職にチャレンジしなかった自分が、今更ながら悔やまれます。

Copyright (C)2018転職して美容部員になるためのノウハウ.All rights reserved.